上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日のイチローはオフ!

 当初は、1人小旅行を目論んだようだが、
あいにくの天気のためあきらめた様子。
 午前中はのんびり弟とじゃれたり、TVを見たり。
午後は昼食もそこそこに友達の家に出かけていった。

 GS特訓の3日間、彼なりによく頑張った。
 疲れた脳にムチ打って、その日のうちに復習したかいがあった。
3日間のおびただしいプリント類は全て跡形もなくファイルされ、
まるで何事もなかったかのよう。
 その時から、自分へのご褒美は今日のオフと決めていたそうだ。
遅ればせながらのGWを満喫していた。

 たった1日のGW。
 可哀想な気もするが、自ら選んだ道。
 来年になればきっとよい思い出となっていると信じたい。
 もっとも来年のGWはきっと野球漬け。
 のんびり過ごすGWなど、彼にはずっと来ないのだろうけれど。

 今週末に第2回サピックスオープン、そして来週は
マンスリーテスト。
 きっとマンスリー対策として、きっちり知識の定着させている
ライバルもいるのだろうな。

 心を鬼にして、そんな逞しさをわが子にも要求する厳しさが、
親には必要なのかもしれない。
 案外そんなことが、ギリギリのところでわが子の合否を
分けるのかもと、思ったりもするが。
 甘いのかな…

 受験生がわが家にいるおかげで、このGW、私自身は
遠出で磨り減ることもなく、ゆっくり英気を養うことができた。
 思わぬ副産物。
 明日からまた頑張ろうっと!


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)
スポンサーサイト
 今日は家族総出で大掃除でした。

 イチローが使用した教材やノートなどは、
私の書斎の「書庫」と呼ばれるスペースへ(そんなたいそうなもの
ではありませんが…)、無造作に積まれています。

 そこは、私の社会人となってからの主だった書類・資料類から、
学生時代の教科書・講義録の類、はては小学生時代の教科書まで、
なんとなく残っている場所。
 毎年、書類・書籍を整理し、不要なものは廃棄して、
必要なものだけをまとめて収納する「書庫整理」が、
ここ数年変わらぬ、私の大晦日の仕事です。

 その「書庫整理」に、今年からイチローが参加する
ことになりました。
 二人で1年前のノートなど読み返し、二人三脚で
勉強した頃を懐かしく思い出していました。

 思えば4年生の夏、成績が落ち込み、
妻に請われて暇に任せてイチローの受験に
関わるようになりました。
 最初はなかなか成績があがらず、去年の今頃など、
彼には勉強の才はないのだと、あきらめかけていました。

 このブログを書き始めたのは、昨年の2月。
 タイトルの「らくだのおやこ」は、
砂漠をあてどもなく彷徨うような、
当時の気持ちをあらわしたものでした。

 今思えば、ちょうどその頃、
半年ほどの二人三脚が実ったのかどうかわかりませんが、
彼の成績にブレークスルーが起きたように思います。

 「今思えば」というのは、その頃、
今度は上級生となって厳しさを増した野球との両立に
苦しむ日々が待ち受けていたからです。
 そして、無理な練習がたたってのケガ。
こよなく愛した野球との、突然の別れ。

 皮肉なことに成績は、この頃ひとつのピークを迎えます。

 そして、大切なものを失ったことや、
その痛みを分かち合ってくれた幼い頃からの球友の
さりげない友情などを通じて、
精神的に成長したのもこの頃のように思います。

 野球との両立の苦しみから解放された夏、
勉強に専念し飛躍の夏・・・のはずでしたが、
5年生特有?の中だるみ。
 精神的な成長はの所以でもあったのでしょう。
 それに、五輪と甲子園が拍車をかけます。

 五輪が今年で、本当によかった。
 甲子園は来年もあるけれど・・・

 そして二学期の大スランプ。
 ずっと得意科目だった算数が、地の底に沈みます。
 彼にとっては挫折だったでしょう。

 「とにかく基礎・基礎・基礎」
 自ら先生の助言を受け、単純な基本問題の反復に耐えて
いたのが印象的でした。
 そして、なんとかスランプを克服。

 最近の彼は、淡々と冬期講習に通い、淡々と二学期の
復習などをやっています。
 致命的に低い親のサポート力に、
やむを得ずのことでしょうが、
最近では、稚拙ながら自ら勝手に計画し、
適当に先生と相談しながらマイペースで
勉強を進めています。

 こう振り返ると、この1年、ずいぶん成長したように
思います。
 でも・・・

 そうそう。
 先日、マンスリーテストが帰ってきまして。
 結果は1クラス↓
 またも組み分け↑マンスリー↓の繰り返し。

 いつまで経っても、日ごろの復習が甘かったり、
9時をすぎるとおねむだったり、
早寝のくせに、朝は必ず親に起こされたり、
まだサンタを信じていたり・・・
 あまり成長していない気もします。

 それはそれで、少しホッとするのも、
複雑な親心ですが。

 ところで、「書庫整理」の、その後のこと。
 イチローは、淡々と片付け、さっさと外遊びに出かけ
てしまいました。
 私は、、「整理」するうち、昔の書籍・資料の世界に迷い込み、
いつしか余計に散らかして、
様子を見に来た妻に呆れられ・・・
 これまた毎年恒例の行事です。

 成長のなさでは、人のことを言えません。

 そんなこんなで、今年も暮れていきます。
 来年は、どんな年になるだろう。
 きっと、激動の、でも思い出深い年になることでしょう。
 今から、楽しみです。

 よいお年を!


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)
 今日は祝日のため、早めに帰宅し家族と夕食を
ともにできました。
 イチローは、私が帰宅してからずっと、夕食後も
しばらくの間、何やら真剣に取り組んでいます。

 聞けば、明日、学校でクリスマスのプレゼント交換があり、
クラスメイトのためにプレゼントを作っているとのこと。
 お世辞にも器用とはいえない彼が、四苦八苦しながら
丹精こめて丁寧にプレゼントを手作りするその姿は、
なんとも微笑ましいものでした。

 わが家では、いまだにサンタが来ることになっています。
 いまどき、小5にもなってサンタを信じているなんて、
まだまだ子供だなと感じる一方、
本当は彼は、その正体を知っていて、
弟のために「いること」にしてくれている気もしています。

 ところで今年、イチローには、サンタのプレゼントとは別に、
「父からのクリスマスプレゼント」を渡しました。
 それは手帳。
 私がビジネスで愛用しているものと同じレイアウトのものです。

 大人扱いが嬉しかったのでしょう。とても気に入った様子でした。
 渡したのは先週末でしたが、今日、見せてもらったら、
さっそく冬休みの予定が書き込まれていました。
 ごくごく簡素なものでしたが、
サピの先生から指示された教材に、
弱点分野の教材を組み合わせ、
自分で予定を組んでいました。

 記録のため列記すると、
○サピの冬期講習と復習
○算:2学期のデイリーサピックス ★、★★
   (★★★:応用はやらない)
○国:2学期のA授業テキスト 漢字書き取り
○社:応用自在(歴史分野のおさらい)
○理:記憶の535
 欲張りすぎず、良い予定ではないかと感じました。

 ところで、見せてもらった手帳は、三が日が空白になっています。
 「これって、どっか連れてけってこと?」
と聞くと、
 「うん、まあ。
  でも、一人で(勝手に)どっかへ行ってもいいかな。」

 なるほど、そっちかい。
 きっと、行き先も決まっているんだよね。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)
 この2日間、秋晴れのよいお天気で、気温も暖かく、
スポーツに、行楽に、最高の日和でしたね。
 みなさん、お出かけされましたか?

 私は、職場の付き合いで仕方なく! またも、芝刈りでした。
 しかも温泉へ泊りがけ。

 ところで最近、同僚から「丸くなった」と言われます。
 この夏からの部署は、私のホームグラウンドのような所。
 上も下も、昔からお互いをよく知った人が多いのですが、
昨夜も風呂で、
 「(待機ポストで別の部署にいた)この1年、何かあったの?」
 「たいして苦労した様子でもなかったけれど(笑)」
とからかわれてきました。
 以前から比較的温和なほうだったとは思うのですが、
さらに、ということらしいのです。

 原因は、
 なんとなく気恥ずかしくて、仲間には言えませんが
イチローの中学受験に付き合ったからだと思います。

 この1年、「待つ」ことができるようになったのだと
思います。
 部下たちの試行錯誤を、そして周囲の理解や消化を、
あわてず騒がずじっと「待つ」。
 口で言うのは簡単ですが、実際には、なかなか難しい。
 裏目に出ることもありますし、
時には「我慢しきれずつい」なんてことも。
 それでも確かに、「気長に待つ」ことが、
以前よりはできるようになったのだと思います。

 中学受験の、思わぬ効用です。

 ところで、よりによって「いい夫婦」の日に、
一人で勝手に行楽に出かけ存分に楽しんだ私。

 紅葉が綺麗で(このページのように)、お料理も美味しく、
ついでにスコアもベスト更新。
 もう、何もかも最高だったこと、家族には話せないので、
ここで書かせてください。

 「気長に待って」くれた妻への、せめてもの贖罪で、
明日は自宅謹慎。家事一切引き受ける予定です。
(それで許して・・・)


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)
 このところ、なかなか忙しく、今日も仕事でした。
 とはいえ今日は日曜日、いつもよりゆっくり出かけると、
イチローが素振りをしていました。
 手には、懐かしい古びた木製バットが。

 納戸から引っ張り出されてきたらしいそのバットは、
大人の硬式用でイチローにはまだ重く、
バットを振るというより、振られているといったほうが
正確でしたが…(笑)

 そのバットは、かつて名もなき一人の打者の
栄光も挫折も、出会いや別れ、そして人生の選択さえ、
見守ってきました。
 その度に、名もなき打者の心の声に静かに耳を傾け、
ただ「ブッ、ブッ」と、空気を切り裂く音で
答えてきたのでした。

 やがてその名もなき打者は、違うフィールドを駆け巡る
こととなり、バットもまた、いつしか「その音」を
忘れてしまいました。

 そして今また、もう一人の、小さな名もなき打者と
めぐり会い、その成長を見守り始めたようです。

 初夏の頃、一度は野球をあきらめかけたその小さな打者は、
秋を向かえ、ようやく怪我が癒えつつあります。
 そして1年半後の春、飛翔するその日を信じて、
黙々と重いバットを振っています。

 バットが、再び「ブッ、ブッ」という音を取り戻すのは
いつの日のことだろう。
 その日が待ち遠しい。

 「行ってらっしゃい!」
 
フィールドに飛び出す私の背を、たたいて送り出すような
イチローの弾んだ声が聞こえる。
 私も心の中で彼にエールを送る。

 イチロー、風を切り裂け。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

 今日はサピの授業がお休み。
 しかも、先週水曜の授業が、マンスリーテストで
お休みだったため、今週は復習がとても軽め。
 おまけに、よいお天気、気温も湿度も快適な
絶好の外出日和。

 これだけの条件がそろえば、
イチローが何をするかと申しますと、
そうです。一人小旅行。

 今日も、朝勉を終え朝食を取り、
ちょっとのんびりしたあと、
そそくさと出かけてしまいました。

 夕食時に話を聞くと、今日見てきたのは、
将門の首塚と、桜田門。
 将門は、つい最近、社会の授業で習ったそうで、
桜田門は「篤姫」の影響ですが、
何も、そんなおどろおどろしいところばかり
行かなくても…

 私が、
 「将門の首塚は、祟りがあるって話だよ」
と言うと、
 「え゛っ!?」
とひきつってました。

 今の彼にとっては精一杯の冒険。
 今日1日、胸躍らせながら見てきたものを
彼にしては珍しく、興奮しながら振り返るその顔は、
やはり男の子ですね。

 でも、ひとしきり話した後、ふと
 「来年は、きっと、こんなふうには
  行けないんだろうな…」

 こうした機会は、これからもなるべく
持ち続けてほしいけれど、
無責任に甘いことを言うわけにもいかず、
結局、何も答えられませんでした。

 きっと彼なりに、塾の6年生たちの空気を、
なんとなく感じ取っているのでしょうね。

 こうして、彼は、受験生になっていく。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)


 イチローと、キャッチボールをしました。
 何ヶ月ぶりでしょう。本当に久しぶりに。

 10m余りの距離、山なりのボールで、たったの20球。

 でも、1球1球、ボールの感触を確かめ、全身と対話をしながら、
喜び、不安、葛藤、今日にいたる悲しみ、苦しみ、
そしてそれを乗り越えるための野球への情熱や、不屈の精神…

 軽い、軽いボールだったけれど、様々な想いが、グラブを通して、
重く、この手に伝わってきました。


 「チームに戻りたい」
 その一言は、私に対しては、彼の口からまだ出てきていません。

 学校が始まってからも、毎朝続ける素振り。
 かつては、チームでの活躍のための練習だったのが、
今では、中学入学後を見据えた根本的な打撃改造のためのものに
なっています。

 彼の求めるフィールドが、少しずつ、少年野球チームでは
なくなってきているのかもしれません。

 私からは、
 「長い目で見て、自分で最良と思える、悔いのない選択をしなさい」
とだけ、伝えてあります。


 先週末は、夏休みの成果を測る「後期組分けテスト」でした。
 週明けの月曜日から、サピの授業が開始されたため、
今日、ようやく自己採点と解き直しをしたようです。

 自己採点は、いつもと変わらず、8割手前。
 算数にかつての爆発力がない反面、国語を手堅くまとめられる
ようになったのが、得点の安定につながっているように思います。

 算数の1番、2番のケアレス、国語の漢字、社会・理科の
基本問題のミスと、課題の方も相変わらず
 自己採点を見る限りでは、大穴は空いていないように感じました。

 ちなみに、サピックスのHPによると、

        配点  平均点 最高点
  4科目 500点 252.2点 421点
  算 数 150点  80.2点 150点
  国 語 150点  84.5点 137点
  理 科 100点  37.1点  81点
  社 会 100点  50.2点  91点

 全体的にかなり難しかったようですね。
 特に理科は、ここまで難しくしなくても…

 5年も後半に入り、
 「そろそろ本気の受験モードへ切り替えろ」
 「気を引き締めろ」
というメッセージなのかもしれませんね。


 このところ、本当に暑いですね~
 みなさん、夏バテなどしていらっしゃいませんか?

 サピの夏期講習は、気が付けば折り返し点を過ぎました。
 例によって、週末になってようやく、
妻からこの1週間の様子を聞くことができました。
 今週は、割と粛々と講習の復習を進めていたそうです。

 楽しいサピ授業→思いっきり遊ぶ&甲子園観戦→復習
という1日のサイクルもすっかり定着したそうです。

 今日は、夕方からちょっとお出かけのため、
今、頑張ってやってますよ~(^^)

 ただ、算数だけは、相変わらず全問を解くことに拘って、
時折悪戦苦闘しているようです。
 こと算数に関しては、自分なりのこだわりを貫き、
もはや親の言うことに聞く耳を持たないようです。

 イチローの言い分は割と明快で、
 「僕は人一倍演習が必要」。

 「勉強なんて、オレ流でいいんだよ」
 容認派の私に、妻は頷きながらも少し複雑な表情。 
 これまで比較的「素直で育てやすい、いい子」だった
イチローの、意外に頑固な一面に、このところ、
少し戸惑い気味なのだと言います。

 イチローは、この夏休み、朝勉前に野球のトレーニングを
欠かさず続けています。
 怪我はまだ治療中ですので、動かせる部位のみですが…

 私は、朝、出掛けるのが早いため、まだそのシーンに
出くわしたことがないのですが、妻に言わせると、
時折、鬼気迫るものがあるのだとか。
 特に甲子園が開幕してからは、声をかけられないことも
あるのだそうです。

 そうかと思えば、午後、球友達が集まって
甲子園観戦している時などは、みな幼い小学生で、
そのギャップに戸惑うのだとか。

 「もしかしたら、チームに戻ると言い出すかもよ」

 たとえ怪我が治っていなくても、フィールドに戻りたい!
 その想いが、日々募っている様子なのだそうです。
 一方で、勉強や野球以外のことに、十分な時間を
割くことのできる現状の充実感もあり、
葛藤しているのではないか、と。

 葛藤の末、彼が、そのことを父に告げる時は、
彼の決意はもう固まっているのでしょう。

 そのとき、私は、何と答えよう。
 また、あの苦しい日々に戻らせるのか。

 妻からその話を聞き、私も、一瞬戸惑いましたが、
でも、なんとなく、
答えは一つのような気がします。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ


 梅雨明け、夏本番ですね!

 この3連休、珍しく仕事も他の予定も入らず、
幸運にも宿の手配もできたので、急遽、
一学期の「打ち上げ旅行!?」に行ってきました。

 夏らしい日差しの中、山あり、川あり、温泉あり。
 海の日に山はご愛敬。
 日本の夏を、満喫いたしました♪

 ここ数年、少年野球が優先され、家族そろっての旅行は
ほんとうに久しぶりでした。
 もちろん、「のんびり・ゆったりOFF」というわけには
いきません。
 はしゃぎまわる子供たちの、格好の餌食です。
 極めつけは、昨朝のこと。
 疲れて熟睡中の早朝、というより未明に起こされ、
 「カブト虫、取りに行くよ!」
 しかも、「妻は起こさないように」との配慮!から、
つねる・鼻をつまむ・くすぐる等の拷問?付き。
 深い深い眠りの底から無理矢理引きずり出され、思わず、
 「鬼…」
と心の中で呟いたものでした。
 しかも収穫はセミ数匹。別に昼でも良かったんじゃ…

 他にも想い出盛りだくさんで、ついでにとことん疲れましたが、
こういうのを、「心地よい疲れ」というのでしょうね。


 そうそう、受験ブログでした。
 (最近、このパターンばかりでスミマセン…)

 旅行中は、思い切って勉強もOFFにすればいいのに、
とも思ったのですが、「基礎トレ」「理科トレ」だけは持参し、
毎朝やっていました。
 逆に言えば、やったのはそれだけ。
 やはり、リフレッシュやOFFは、大人であろうと子供であろうと
大切なこと。
 一学期終了・夏期講習前の、ひとつの節目のこの旅行が、
よいリフレッシュになればよいのですが。

 そうそう。
 夏休み直前に、サピックスのマンスリーテストがありました。
 マンスリーテストとは、直近約1ヶ月を試験範囲とする
塾内の復習テストのことです。
 こちらは、算数以外、自己採点すらしていないそうですが、
全体に易しかったとのこと。(ほんまかいな?)

 もちろん「易しい」と「できた」は異義語です!
 詰めの甘い彼は、平均点の高いテストにとことん弱く、
 「またクラス落ちだ~~」
と嘆いて?おりました。

 先生に怒られるぞ~


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ


 昨日・今日は、暑かったですね~!

 受験とは関係のない私事で恐縮ですが、
私のまわりでは、今、人事異動の季節を迎えています。
 このところ、仕事ではなく、送別会・歓迎会
(を口実にした会合)で、「午前様」が続いています。

 この週末は、この暑さの中、宿泊で送別「芝刈り」…
 盛り上がったのは、良かったのですが、
全身、真っ赤でヒリヒリ。
 SPF42の日焼け止めを塗っていたのに…
 日頃の運動不足とあいまって、
仕事よりよほど、肉体的ダメージが…(苦笑) 

 実は私も異動することに。
 といっも、これまでがいわゆる「待機ポスト」で、
同じ部署内の、皆が折り込み済みの異動でしたので、
「送別」の対象にすらなりませんでしたが。

 でも、先輩方の動きを見ていると、
次は、早ければ来年、どんなに長くても3年後。
もしかしたら「遠い、遠い所」に行く可能性も、
かなりの確率であり得ます。

 少し前までは、「遠い、遠い所」に行くときも、
「家族一緒に」というのが我が家のコンセンサスでした。
でも、息子の将来のことを考えると、
そうも言っていられないのかもしれませんね。
 単身で「遠い、遠い所」へ行く先輩・同僚に、
つい、未来の自分の姿を重ねてしまいました。

 まあ、そうなったらそうなったで、仕方ない。
その時考えることにしましょう。
 こちらが単身の覚悟でも、妻が「絶対、一緒に行く」と
言うかもしれませんし。
 行き先によっては…?(^^)


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ


 今日の一人小旅行は、日本科学未来館に行って来たのだそうです。

 イチローが好きな場所の一つで、弟コイチローが一緒だと
面倒を見るのが煩わしいのでしょう。
 最近は、こうした博物館などに、よく一人で勝手に出かけます。

 おかげさまで、怪我の方は、日常生活にはほとんど支障がない
程度まで回復してきました。
 こうなると、子供のこと。じっとはしていませんね…

 この時ばかりは、寝起きも良く、行動もてきぱき。
 あっという間に今日の勉強を片づけ、9時前には家を出ました。
 いつもそうすりゃいいじゃん、などとも思うのですが、
「別腹」同様、人体の神秘なのでしょうね。

 お目当ては、
 ロボットや、マイクロマシンなどの先端技術のほか、
医療に関する展示などが面白いそうです。

 また、今は特別展として、「世界最大の翼竜展」を
やっているのだそうです。
 イチロー自身は、恐竜に特別な興味を持っているわけでは
ありませんが、それでも、たいへん興味深かった様子です。

 そうそう。
 ご興味のある方へ、イチローから注意事項が。
 通常の入館料(大人500円、子供200円)とは別に、
料金(大人1,300円、子供900円)がかかるのだそうです。
 きっと、予定外の出費が痛かったのでしょう(^^)

  詳しくは↓コチラです。
  http://www.miraikan.jst.go.jp/spevent/dino/

 弟コイチローは恐竜フェチで、イチローの土産話を羨ましがり、
「僕も行きたい」と駄々をこねていましたが、
それをなだめるため、予め翼竜グッズを買ってくるあたり、
イチローも心得たものですね。
 それでも、コイチローには、夏休みに連れて行くことを、
約束させられましたが…

 帰宅後は、組分けテストの解き直しをしていたようです。
 算数の、得意のケアレスに、文字通り地団駄踏んで
悔しがっていました。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ


 最近、いつにも増して、イチローのチームメイトが我が家に
遊びにくるそうです。
 いつもなら、そのまま一目散に外へ飛び出していくところ、
イチローを気遣って、野球盤やら将棋やら、中遊びに
つき合っているのだとか。

 一緒に宿題をしていることもあるそうです。
 ユニフォームを来てじゃれ合う姿しか見たことがなかいので、
想像もつかず、
 「一瞬、耳を疑ったよ(笑)」
というと、すかさず妻が、
 「私も目を疑ったよ」
と、二人で大笑い。

 中には、今後の展開に薄々感づいているのではと思われる子
もいるらしいのですが、何も言わずにさりげなく共に過ごして、
帰っていくのだそうです。

 見舞いの代わりなのか、これまたさりげなく置いていく
のがプロ野球カードと聞いて、それを大切にファイルする
イチローの姿と合わせて想像すると、
これまたなんとも微笑ましく思いました。

 そうそう、受験ブログでした
 先週のデイリーチェックテストが悪かったので、今週は久々に
授業点によるクラス入替の対象になった日があったそうですが
 昨日のデイリーチェックあたりは持ち直してきていました。
 来週は大丈夫とのこと。
 今日は比較的集中していたそうです。

 三歩進んで二歩下がる~♪ ですね。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ


 イチローが、今ひとつ勉強に集中できていないそうです。
 見かねた妻がそれとなく尋ねると、
 「もう野球ができないかもと思うと、やっぱり時々、
  不安になる…」 
と答えたのだそうです。

 「今できることは、怪我したところを休めること。
  あなたはベストを尽くしてる」
 そう言い聞かせ、一応、その場はおさまったそうですが、
普段あまり弱音を言わない子なので、妻も少し心配して
います。

 前回のブログで、
 「もう大丈夫」
と申し上げましたが、彼も人の子。
 もう、落ち込んでどうしようもないといった状態にはならない
としても、10歳の少年が、心の揺れをコントロールできるように
なるには、相応の時間がかかりそうです。

 そのプロセスで大きく成長することを信じて、親として出来る
限り、様々なきっかけ作りをしていこうと、妻とは話しています。

 ところで、実は、原因は怪我の不安だけではなく、今まで
勉強と野球の二本立ての中で諦めてきた様々な興味が、
ここにきて高じてきていることもあるようです。
 悪いことではないと思いますが、度が過ぎるようなら、
どこかで、「すべきこと」と「やりたいこと」の「けじめ」を
つけさせるべく、ピシャリとやらなければならないかも
しれませんね。

 そういえば、受験ブログでした。
 勉強の方はと申しますと、月曜日のデイリーチェックテスト
(前週授業の復習テスト)は、もうメチャメチャ
 先週のカリキュラムは大穴が空いた予感です。
 こちらのフォローも考えておかなくては…(苦笑)

 スランプって、入試のその日まで、何度か経験するので
しょうが、得てしてこういう状態のときに、やって来るもの
なのだと思います。
 そのへんのフォローも考えなければいけませんね。 

 最近、景気のよくない話ばかりで、すみません


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ


 たいへんご心配をおかけして、申し訳ありませんでした。
 おかげさまで、イチローも私たちもすっかり落ち着きました。

 医師の診断のニュアンスがやや厳しかったこともあり、
いつの間にか親子ともども野球を完全に諦める方向で
考えてしまっていました。
 みなさんの励ましのおかげで、
 「いつか必ず、野球ができる日が来る!」
 そう、強く信じて、とにかく前に向かって進もうということで
一致しました。

 ひとまずは故障した部位をとにかく休ませよう。
 動かせる部分は、この際強化しよう。
 動かせるようになったら、リハビリだ。
 この際、怪我の予防法もしっかり勉強しよう。
 トレーニングとリハビリと予防に必要な本を買いに行こう。
 せっかくだから、中学入学までに左打ちをマスターしよう。 …

 先日までとは打って変わって、調子に乗りすぎなぐらいに
未来志向な会話に。
 でも、焦らず、できることからゆっくりやっていこうと思います。

 チームの方は、監督とも相談したのですが、イチローはなんでも
チームの重石的な存在(お褒めの言葉?)だそうで、シーズン中に
いきなり辞めると仲間達が動揺してしまうとのこと。
 ひとまず「しばらくお休み」という形を取り、頃合いを見て「一足早く
卒団」という段取りになりました。
 低学年の頃から一緒に白球を追いかけながら、兄弟同様に育って
きた仲間達の絆は、長い年月をかけて、とても深く育まれていました。
 いつかは来る別れ、そして、永遠の別れではないと理解するには、
時間が必要なようです。

 もちろん、もう野球ができない可能性もあります。
 でも、もともと彼の中では、野球は22歳までのもの。その先には
別の夢がありました。
 これまでの志望校は、野球を本格的にやりながら「別の夢」も追う
ためのベストのプロセスとして、彼自身が設定したものでした。
 「野球に拘らなければ選択肢も増えるでしょ。
  この際、視野を拡げてみるのもいいんじゃない?」
と、率直に尋ねてみました。
 「でも、例え野球がなくても(「別の夢」の実現のために)、ベストの
  学校だから、このまま頑張ってみる」
 私たちも、彼はそう言うだろうと思っていました。

 もう大丈夫です。
 みなさんの励ましがなかったら、私たち親子が、こんなに早く軌道
修正することはできなかったと思います。
 本当に、本当に、ありがとうございました。


 ところで、マンスリーテスト。
 このところ、それどころではなかったのですが、先週半ばに返却されて
いました。
 結果は、ほぼ自己採点通りで、予想通り、偏差値でいうと5ポイント強、
クラスで言うと2つ落ちてしまいました~
 久々のクラス変動ですが、4年生の頃はよくいたクラスですし、その頃
からお世話になった先生もいらっしゃるし、ホームグラウンドに帰る感じ
です。
 これまでが出来過ぎ、これが実力。
 「スポーツの面でも、勉強の面でも、もう一度原点からやりなおせ」
ということなのだと思います。



よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ


 しばらく更新が途絶えて、申し訳ありませんでした。

 実は、イチローが、野球を続けられなくなりました。

 先週末、練習から帰ってきた際、ある関節部分が痛いと言い出しました。
 実は春先からずっと痛みがあり、我慢し続けるうち、とうとう、日常生活に
支障をきたすほどまで悪化してしまっていました。

 医師の見立てでは、
 ・当面、当該部位は安静。
 ・日常生活に支障がない程度には治ると思う。
 ・再び野球ができるようになるかどうかは、分からない。
と言われたそうです。

 全く気付きませんでした。
 いえ、言われてみると、思い当たることがいくつもありました。
 親として、両立で無理が生じないよう、注意深く見守るはずでした。
 当然、気付くべきでした。
 親として、本当に本当に、恥ずかしい…

 「なぜ、こんなになるまで黙っていたの?」
 そう尋ねたとき、イチローはこう答えました。
 「ここが痛い、あそこが痛いと言う選手は、大成しないから…」

 心に重く響きました。
 低学年の頃、ちょっとボールが当たっては泣いていたイチローに、
私が言ったその言葉を、未だに覚えていたのだそうです。
 その時話した、骨折を隠して出場し続けた、私の学生時代のエピソードも。
 でも、そのシーズン、成績不振でチームにどれほど迷惑をかけたのか、
私は息子に話していませんでした。
 強く育ってほしい一心から、強い父を演じた? いえ、息子に見栄を張る
気持ちが全くなかったと言えば、嘘になります。
 長く続けるため、チームに迷惑をかけないための「休む勇気」もあると
いうことを、親として、野球の先輩として、伝えるべきでした。

 悔やんでも、悔やみ切れません。
 やはり父親失格です。
 もともと無い自信が、さらに無くなりました。

 そんなことがあって、ブログを開く気にも、みなさんのブログに
お邪魔する気にも、なれませんでした。

 おかげさまで、ようやく昨日、今日と、徐々に、親子とも、
 「神様が、野球を休めと言ってるんだよ」
と考えられるようになっては来ました。
 それに、まだ二度と野球ができないと決まったわけでもありません。
 ただ、イチローの将来の夢は野球と密接不可分だっただけに、
動揺は隠せません。
 わが子が、焦らず少しずつ、前を向いて歩けるように、
そしてできることなら、災い転じて福となせるように、
今度こそきちんと、サポートして行かなくてはと思っています。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ


 職場で、夏休みの計画を調整する時期がやってきました。
 「休むときはガッツリ休もう!」なんて声掛けしている立場上、
たいした予定もないのに、率先して計画を立てる羽目に…
 そこで、昨夜(日曜)の食卓の話題は、夏休みの話になりました。

 イチローの夏休みの予定は、いたってシンプルです。
 野球の合宿、土日は練習、平日は夏期講習とその復習。
 講習の前後に各1週間ほど空いている期間があるのですが、
本人は、
 「行きたいところがあるんだよね」
と、またも1人小旅行を企んでいる模様。
 「プールに、自由研究に…
  サピの1学期の復習に、中数もやりたいんだよね~」

 やりたいことがいっぱいあってよろしい。
 でも後半は、取ってつけなかった?

 あとは、自由研究は何をやりたいだの、帰省時にどこへ行きたいだの、
受験とは無縁の方角へ話題は拡散…

 こんなにいい加減で良いのだろうかとも思いましたが、今は目の前の
課題を一つ一つクリアしていくことで精一杯。
 具体的な計画は、1学期が終わってみないと立てられないと感じました。

 野球と講習で中途半端に拘束されますが、せめて、帰省に絡めて
何か家族の思い出づくりを考えてみようと思っています。
(春みたいに空振りしないように…)

 きっと来年の夏は「勝負の夏」。
 こんな緩んだ雰囲気では、ないのでしょうね…


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ


 イチローは今、野球に夢中です。

 思えばようやく首が据わった頃、ボールと戯れ始めて以来、
イチローの傍らには、常に野球がありました。
 勉強なんかよりずっと長く、ずっと深い付き合いです。

 残念ながら私の血を引いてしまっては、ブログのニックネーム
とは裏腹に、野球の才能には恵まれませんでしたが、
生まれた頃は虚弱児で、「ちゃんと育つだろうか」と本気で心配
させた彼が、
 「好きな科目は体育♪」(受験的には痛い感じです…)
と言うほどまでに育ったのは、他ならぬ野球のおかげです。

 今年に入って、もともとたいして実力がない上、年明けに模試で
練習を休むことが多かったため、試合への出場機会がめっきり
減りました。
 チームメイトの気持ちを考えれば、当然のこと。
 何よりもチームの和を重んじる彼のこと、心から納得して
いましたが、それでも一時はモチベーションが下がったことも
ありました。

 でも、この冬のトレーニングで、目に見えて体力がついた
おかげでしょうか、打撃も守備も上手くなったと聞きます。
 たまたま結果も出て、周囲からも認められ、本人も手応えを
感じているのでしょう。
 最近は、朝の素振りが続いているようですし、夜も時間を見つけて
素振りなどをしているようです。

 せっかく勉強へシフトの流れでしたので、これまた
受験的には痛い気もしますが、何かに打ち込めるのは
とても貴重な経験なんですよね。きっと。(苦笑)

 「文武両道」を貫かれた先輩受験生の親御さんから伺った、
ドキドキ・ハラハラ、波瀾万丈の受験生活が、ぼんやりと
イチローの将来にも垣間見える気がしてきています。

 「悔いを残さぬよう精一杯やれ!」と応援したい一方で、
精一杯やるほどに、その先の苦しみが増す気がして、
でも、その苦しみが彼に成長をもたらす気もして、
親の心境は複雑です。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ


 世の中には鋭い人というのがいるものですね。
 鋭いといっても、いつも朗らかで温かく、周囲に目配り気配りしてくれる、
その観察眼や洞察力が優れている人のことです。
 そんな人から、さりげなく「最近、少し悩んでない?」と聞かれました。

 生来の楽天家で、おまけに体育会育ちの粗忽な私は、そのとき初めて、
 「あ、オレ、ちょっと悩んでたのかも~」
と気付かされました。

 悩みは、一言で片づけてしまえば、「家庭と仕事の両立」です。

 今となってはたいへん愚かだったと反省していますが、つい1年ほど
前まで、私は家庭を一切、顧みせんでした。
 早朝から深夜までオフィスにいて、帰宅しないこともしばしば。
休日の概念もあまりなく、たまに家にいても書斎に籠もり…

 上司のはからいで骨休めポストを与えられ、妻にうまく巻き込んで
もらって勉強の面倒を見たり、家事を分担したり…
 前回の骨休め期間の頃は、イチローはまだ小1、野球を覚えたて
でした。
 それが、すっかり少年になって、少しずつ大人への階段を上り始めた
時期にもう一度立ち会うことのできた喜びと幸福を噛みしめつつ、
もう、どんなに忙しくとも、家庭を顧みない生活にだけは戻るまいと
心に誓ったはずでした。

 ところが春先、一つのプロジェクトが舞い込んで、骨休めポストが
骨休めにならなくなり…
 ただ一時的に家庭のウエイトが低くなっただけなら、まだよかった
のです。
 問題は、仕事に夢中になるうち、いつの間にか、家庭のことなど
頭の中から消え去っていることでした。
 決定的だったのは、始終顔を合わせ、同じ釜のメシを食う部下が、
ある日、大きな成長を見せたとき。
 イチローには悪いけれど、正直、週1で顔を合わせる息子の成績
などよりよほど嬉しく…
 未明にほろ酔い気分で帰宅してから、ようやく、ふと我に返り、
 「なんと薄情な親だろう。やはり父親失格だな…」
などと自己嫌悪に陥ったものでした。

 「少し悩んでない?」
 そう指摘され、知らず知らず、仕事と家庭のバランスの取り方に
戸惑っている自分に気付きました。
 それから少し考えましたが、結局、良い解決策は思い浮かび
ませんでした。
 人一倍不器用なので、どうも、これからも、うまくバランスが
取れるようになる気がしません。
 でも、バランスなんてことを考えるようになっただけでも、
一歩成長、それでいいじゃないか、と思うことにしました。

 家庭のことを考えるきっかけの一つとして、もう少しこのブログを
続けてみようかとは思います。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ


 すでにGW真っ最中なんですよね…
 今年は飛び石のうえ、仕事上のイベントを明日(4/30)
に控え、あまり実感がありませんでした。


 イチローのGWの予定は、「野球一色」です。

 本当は、家族でゆっくり旅行などをする最後のチャンス
かなと考えたこともありました。
 来年の今頃は受験モードにシフトする時期でしょうし、
中学に入ると部活に明け暮れるのが目に見えており、
以前のコメントでもアドバイスをいただいたのですが…
 でも、わが家の場合、「最後のチャンス」の時期は、
すでに過ぎてしまったようです。
 雨でも降れば日帰りでとも思いましたが、
天気も良さそうですね。

 親としては、少し寂しい気もしなくはないですが、
所詮、子は別人格。
 今の彼には、野球を思いっきりやる時間が、もっとも
輝いている時間でしょう。
 わが子が、やりたいこと・すべきことを一所懸命やり、
今、輝いてくれることこそ何より大切と、
自分たちに言い聞かせねば。


 勉強に関しては、正直、頭が痛いです…

 サピの5年生は、GWに約1週間の休みがあります。
 そして、5/13(月)にはマンスリーテスト(直近1ヶ月に
学んだ事項を中心に出題される内部復習テスト)を控えており、
みなさんしっかり対策をしてこられるはずです。

 「マンスリー対策」は、クラス変動云々はさておき、
過去1ヶ月に学んだことを振り返り、定着させ、
次のステップへとつなげていく意味で、
とても重要だと思います。
 クラス変動も、1月ごとの上下に一喜一憂することは
あまり意味がないと思いますが、励みや目標として、また、
この1ヶ月間の自己の頑張りの相対的位置を知る意味で、
それなりの意義があると思います。

 イチローの場合、休日の勉強時間は2時間が限界で、
しっかりした「マンスリー対策」は望むべくもありませんが、
それでも授業がなくて空いた時間を有効活用し、
この1月に学んだことを振り返ってほしいと思っています。

 
 ご参考までに、イチローが独力で立てた計画によると、
テスト範囲3週分の
 ・算数…A授業のプリント「復習と演習」
 ・国語…Bテキストの授業で指示された問題
 ・社会…テキストと白地図
 ・理科…新分野別問題集
を2度回すというもの。
 いかにも少ない気もしますが、今回はお手並み拝見、
好きなようにやらせてみようと思います。

 野球も勉強も、彼なりに、悔いのない充実したGWに
してくれればよいと思っています。


 私の方は、明日、イベント無事(?)終了の慰労を兼ね、
仲間と未明まで飲み、明後日は二日酔いの予定(!)です…
 私の方こそ、GWをダラダラ過ごさぬよう、まちがっても
「寝GW」にしないよう心がけねば。
 人のことは、全く言えません…


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ



 せっかくいただいたコメントの反映とお返事がたいへん遅く
なりましたこと、そして、更新が滞りましたこと、
本当に、申し訳ありませんでした。

 しばらく、帰宅もままならない生活が続きました。
 仕事は、ついつい夢中になってしまいますね。

 それでも、二度と家庭を顧みないダメ父に戻らぬよう、
帰宅できた日は、例えどんなに疲れていても、
イチローのノートに目を通すことだけは欠かさないようにしています。

 とはいえ、きちんと目を通せたのは国語だけ。
 あとはざっと眺めるだけでした。
 「きちんと式を立てられているね。頑張ってるね!」
 「調べ直しができてるね。頑張ってるね!」
など、一言ですができるだけ具体的なコメントを付すようにして。

 「それで限界」というのが正直なところですが、
今の彼には、それでよい気もしています。

 直接顔を合わせる機会がなく、ノートを通じてする短い会話は、
なんだか、行き交うボールで会話する、キャッチボールに似ています。

 彼は、ただ、1球1球に集中して投げ込んでくる。
 そして私は、
 「ナイスコントロール」
 「今のはいい回転だ」
と一声かけながら投げ返す。

 少し前まで、こんな交流すらなかった私には、
頬が自然と緩むような、少しくすぐったいような、
キャッチボールです。


 イチローの最近の家庭学習ですが、
春休み明け2週目あたりから、すっかり元の生活に戻りました。
 塾の授業の復習に追われ、一部やり残しを抱えたまま、
次の授業日を迎える…

 中数なんぞに手を染めていた、春休みのあの日々は、
いったい何だったんだろう? 幻か? …と思うほどです。
 塾の復習だけでは分野が偏って飽きるという理由で、
自主的に進めていたプラスワン問題集のノートも、
2週間前の日付のまま。

 でも、これはこれで、よい傾向だと受け止めています。

 というのも、ノートを見ると、このところのイチローは、
その分、塾のテキスト・プリントで間違えた問題や、
あやふやな問題などを、時間の許す限り繰り返すことに
振り向けているようです。

 絶対量が不足している事実は覆いようもありませんが、
それでも、このところ、デイリーチェック(前週の復習テスト)
の得点も改善されてきた様子です。

 中数は、あれはあれで、じっくり考えるよい鍛錬でしたが、
夏休みあたりまで、しばらくお預けでよいのではと思っています。
 彼のような努力型は、少なくとも平時は、「基本」に返り、
できることをコツコツと積み重ねることが大切なのだと思います。

 まずは基本の、日々の塾とのキャッチボールを大切に。
 そのことを、誰より本人が、解っているのでしょう。


 日曜日の今日は、彼は早朝から野球。
そして私はこれから仕事、帰宅は深夜になりそうです。

 しばらく、ノートのキャッチボールが続きます。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ



Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。