上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 すでにGW真っ最中なんですよね…
 今年は飛び石のうえ、仕事上のイベントを明日(4/30)
に控え、あまり実感がありませんでした。


 イチローのGWの予定は、「野球一色」です。

 本当は、家族でゆっくり旅行などをする最後のチャンス
かなと考えたこともありました。
 来年の今頃は受験モードにシフトする時期でしょうし、
中学に入ると部活に明け暮れるのが目に見えており、
以前のコメントでもアドバイスをいただいたのですが…
 でも、わが家の場合、「最後のチャンス」の時期は、
すでに過ぎてしまったようです。
 雨でも降れば日帰りでとも思いましたが、
天気も良さそうですね。

 親としては、少し寂しい気もしなくはないですが、
所詮、子は別人格。
 今の彼には、野球を思いっきりやる時間が、もっとも
輝いている時間でしょう。
 わが子が、やりたいこと・すべきことを一所懸命やり、
今、輝いてくれることこそ何より大切と、
自分たちに言い聞かせねば。


 勉強に関しては、正直、頭が痛いです…

 サピの5年生は、GWに約1週間の休みがあります。
 そして、5/13(月)にはマンスリーテスト(直近1ヶ月に
学んだ事項を中心に出題される内部復習テスト)を控えており、
みなさんしっかり対策をしてこられるはずです。

 「マンスリー対策」は、クラス変動云々はさておき、
過去1ヶ月に学んだことを振り返り、定着させ、
次のステップへとつなげていく意味で、
とても重要だと思います。
 クラス変動も、1月ごとの上下に一喜一憂することは
あまり意味がないと思いますが、励みや目標として、また、
この1ヶ月間の自己の頑張りの相対的位置を知る意味で、
それなりの意義があると思います。

 イチローの場合、休日の勉強時間は2時間が限界で、
しっかりした「マンスリー対策」は望むべくもありませんが、
それでも授業がなくて空いた時間を有効活用し、
この1月に学んだことを振り返ってほしいと思っています。

 
 ご参考までに、イチローが独力で立てた計画によると、
テスト範囲3週分の
 ・算数…A授業のプリント「復習と演習」
 ・国語…Bテキストの授業で指示された問題
 ・社会…テキストと白地図
 ・理科…新分野別問題集
を2度回すというもの。
 いかにも少ない気もしますが、今回はお手並み拝見、
好きなようにやらせてみようと思います。

 野球も勉強も、彼なりに、悔いのない充実したGWに
してくれればよいと思っています。


 私の方は、明日、イベント無事(?)終了の慰労を兼ね、
仲間と未明まで飲み、明後日は二日酔いの予定(!)です…
 私の方こそ、GWをダラダラ過ごさぬよう、まちがっても
「寝GW」にしないよう心がけねば。
 人のことは、全く言えません…


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ



スポンサーサイト
 せっかくいただいたコメントの反映とお返事がたいへん遅く
なりましたこと、そして、更新が滞りましたこと、
本当に、申し訳ありませんでした。

 しばらく、帰宅もままならない生活が続きました。
 仕事は、ついつい夢中になってしまいますね。

 それでも、二度と家庭を顧みないダメ父に戻らぬよう、
帰宅できた日は、例えどんなに疲れていても、
イチローのノートに目を通すことだけは欠かさないようにしています。

 とはいえ、きちんと目を通せたのは国語だけ。
 あとはざっと眺めるだけでした。
 「きちんと式を立てられているね。頑張ってるね!」
 「調べ直しができてるね。頑張ってるね!」
など、一言ですができるだけ具体的なコメントを付すようにして。

 「それで限界」というのが正直なところですが、
今の彼には、それでよい気もしています。

 直接顔を合わせる機会がなく、ノートを通じてする短い会話は、
なんだか、行き交うボールで会話する、キャッチボールに似ています。

 彼は、ただ、1球1球に集中して投げ込んでくる。
 そして私は、
 「ナイスコントロール」
 「今のはいい回転だ」
と一声かけながら投げ返す。

 少し前まで、こんな交流すらなかった私には、
頬が自然と緩むような、少しくすぐったいような、
キャッチボールです。


 イチローの最近の家庭学習ですが、
春休み明け2週目あたりから、すっかり元の生活に戻りました。
 塾の授業の復習に追われ、一部やり残しを抱えたまま、
次の授業日を迎える…

 中数なんぞに手を染めていた、春休みのあの日々は、
いったい何だったんだろう? 幻か? …と思うほどです。
 塾の復習だけでは分野が偏って飽きるという理由で、
自主的に進めていたプラスワン問題集のノートも、
2週間前の日付のまま。

 でも、これはこれで、よい傾向だと受け止めています。

 というのも、ノートを見ると、このところのイチローは、
その分、塾のテキスト・プリントで間違えた問題や、
あやふやな問題などを、時間の許す限り繰り返すことに
振り向けているようです。

 絶対量が不足している事実は覆いようもありませんが、
それでも、このところ、デイリーチェック(前週の復習テスト)
の得点も改善されてきた様子です。

 中数は、あれはあれで、じっくり考えるよい鍛錬でしたが、
夏休みあたりまで、しばらくお預けでよいのではと思っています。
 彼のような努力型は、少なくとも平時は、「基本」に返り、
できることをコツコツと積み重ねることが大切なのだと思います。

 まずは基本の、日々の塾とのキャッチボールを大切に。
 そのことを、誰より本人が、解っているのでしょう。


 日曜日の今日は、彼は早朝から野球。
そして私はこれから仕事、帰宅は深夜になりそうです。

 しばらく、ノートのキャッチボールが続きます。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ



 週末の雨は、イチローにとっては恵みの雨だったようです。
 土曜は、久々の完全オフになりました。
 (日曜は、朝から晩まで野球でしたが…)

 最近は、イチローの普段の勉強を見る機会が減っていたので、
できるだけ様子を見るようにしました。
 ただし、口出しはしないように気をつけながら。。。

 私自身はまったりモードで、書類を整理をしたり、
本を読んだり、ブログ記事を書いたり、のんびりやっており、
イチローものんびりムードかな~、と思って見ていたら、
午前中、やり残した課題や、平日の家庭学習で
間違えた問題の解き直しなどを淡々と進めると、
午後は、いつもの外遊び仲間の都合がつかなかったらしく、
一人でとっとと、図書館に出かけて行きました。

 ちょっと、こちらが気を引き締められる感じでした。。。

 夕方、帰宅してから夕食まで、小一時間テーブルに向かい、
夕食後はのんびりTV。
 「篤姫」を初めてリアルタイムで見ていました。

 本人にとっても、「充実のオフ」だったのでしょう。
 「野球がないと、いろいろできて、いいんだよね~」
 「そっか~。別にやめてもいいんだよ~」
 「でも、ふだん野球で忙しいから、たまに休みだと、
  いろいろできるんだよ~」

 口だけは、「いっちょまえ」になってきました。。。

 私には言わないのですが、妻によると、先週末、
「ひじと肩が、少し重い」なんて言っていたようで、
そういう意味からも、恵みの雨になったようです。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ




 なかなか記事を書く時間が取れず、
ご報告が遅くなりましたが、
先日、サピのクラスの保護者会に行って来ました。

 前回から妻と交替制になり、今回が初登板。
肩身が狭いかと心配しましたが、1割強がお父さん。
ほっとしました。

 室長と各科目の先生から、校舎の進学実績や
クラスの現状、家庭学習に関する注意事項などが、
時折、笑いを交えつつ淀みなく説明され、
約2時間があっという間に感じられました。

 印象に残ったのは、
・進学実績がクラスによってかなり異なること。
  …筑駒・開成などの男子最難関は、
   イチローの校舎では、基本的に上位2クラス、
   桜蔭もαかその少し下のクラスまで
  …α1は大半が最難関に進学したが、
   α2から最難関への進学はむしろ少数派
   (それでも、進学先は十分すごい学校…)
  …海城・巣鴨などの難関校も、
   2/1は中位クラスから合格したケースがあったが、
   2/2以降は上位クラスといえども簡単ではなかった
・でも、クラスだけでも言い尽くせないこと。
  …麻布・JGなどの最難関に、
   中位クラスながら「強い意志」を持った子が
   合格した例もあった
・5年はおろか6年でも、この時期に志望校の
 過去問をやらないように。
  …力のないうちに解くのは無意味
・4科目バランス良く。
  …算数天才くんでも、国語が命取りになる例が
   実際にあった
・歴史は一切やらないように。
  …ウエイトが大きく幅の広い地理の習得に全力を

 和やかなうちにも、今年の入試の現実、
しかも時に厳しい現実のお話は、
たいへん迫力のあるものでした。

 正直、私には、イチローと志望校の話をしていても、
どこか現実感がなく、遠い先の話でもしているかの
ような気分があったと思いますが、この時ばかりは、
現実が、21ヶ月後にひたひたと迫っていることを、
感じずにはいられませんでした。

 つい、進学実績の話に圧倒されてしまいそうでしたが、
個人的には、
・終了後、何人かの先生に個別にご挨拶した際、
 異口同音に「イチローくん、頑張ってますよ」と
 教室での様子や個別の留意点などを教えて
 くださったこと
・イチローが学んでいる先生や教室の雰囲気が
 実感でき、しかもそれが、どうやら、
 とても良いものらしいとわかったこと
が収穫でした。

 今日は、雨の影響で野球が休みだったので、
遅ればせながら、先ほど、妻とイチローに報告しました。

 私「○○先生がね~、…って言ってたよ~(笑)」
 妻「○○先生って、ひょろっとした優しそーな?(笑)」
 私「そうそう(笑)」
 子「あの先生、いつも…とか言って、おもしろいんだよ~(笑)」

 元家庭を顧みないダメ父としては、生まれて初めて
こんな会話をしましたが、いいもんです。

 お仕事の都合をつけるのは、
ほんとうに大変だとは思いますが、
保護者会の交替制、オススメです♪


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ



 いよいよ「記憶の535」を使い始めました。
 先週配布され、来週からテスト開始です。

○どんな問題集?
 1問1答式の基本問題が分野別に約10~20ずつ、
計535問収録されている、約100ページの冊子です。

 「山川の用語問題集みたい」と申し上げたら、
伝わる人には伝わるのでしょうか…

 各ページとも左に問題文、右に解答が載っており、
答えを隠しながらパッ、パッとフラッシュ記憶するのに
適していると思います。

 解説は全くなく、単体ではあまり意味がない気もしますが、
「無味乾燥」という評判もある割には、図表が多く使われ、
イチローには好印象のようです。

 熱心なご家庭では、
単語カード形式に加工されたりするんだろうな…
コピーして解答部分を折ったものを作った話を、
どこかで見たな… などと思いつつ、
とりあえずは、そのまま使うことにしようと思いますが、
もし、良い方法をご存じの方がいらっしゃったら、
ぜひ教えてください♪
(できれば、手軽な方法がありがたいです…)

 当面、週に2~3回、5分程度、記憶用の枠を作り、
軌道に乗るまでは、週末に、軽くチェックしてやるかなぁ
などと考えています。

○基礎トレとの違いは…
 サピの理科には、他に「基礎力トレーニング」(「基礎トレ」)
という教材もありますが、こちらは、
 ・毎日10題ずつ異なる問題を解く確認問題集
 ・毎日、類題がしつこく出題される
 ・授業から約1ヶ月遅れの進度

 これに対し、「535」は、
 ・理科の基本問題535問をまとめたハンディな暗記教材
 ・重複は(ほぼ)ない
 ・基礎トレからさらに1ヶ月程度遅れた進度
 ・各自でも繰り返し活用
ということのようです。

○毎週、恐怖のテストが?
 毎週、1分野(10~20題程度ずつ)をテスト範囲とする
確認テストがあるそうで、9割以下の点数を取ると
授業中に立たされることもあるとか、、、
※投稿時に「満点でないと」と書いてしまいました。
  申し訳ありません。訂正させていただきます。


 イチローもこれには戦々恐々です。

 そんな面白い?ことが起こったら、またご報告します。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ


 サピックスの社会の授業が、地理の地域別の仕上げに入ったのですが、
これに対応する、「白地図トレーニング帳(実戦編)」が再発売されず、
ちょっと困っていたところ、今日、
 「今月末に内部向けのみ販売再開」
という通知が来ました。

 この本は、かなり細かい知識まで網羅されているため、
以前から、「この時期になったら使おう」と思いながら、
統計の更新や市町村合併等なども考慮して買い控えるうち、
市販されなくなってしまっていました。

○いま使っている白地図
 今は、イチローと本屋へ行き、あれこれ悩んだ末に選んだ、
中学地理スーパー白地図」を使っています。

 選んだ理由は、
 ・記載されている事項がやや詳しいこと
 ・地名の空欄の下に周辺知識が書いてあり、併せて定着できること
    …例えば、以下のようなイメージです。
      「谷津干潟」
       ラムサール条約に登録
 ・グレーをうまく使っており、見やすいこと
 ・解答が暗記確認教材として使えること
   …本体を2分の1に縮小したものに、赤字で解答が書かれ、
     チェックシートを使って暗記教材としても使えます。
などでしょうか。
 本人の「見やすい」「使いやすそう」を優先しました。

 中学生用のため世界地理のページが多いのですが、
不要ページは使わなければよいですし、グローバル化が進む今日、
世界地理のごく基本的な知識は身につけさせたいところですが、
それに有用な地図がいくつかありました。

 少なくとも今月いっぱいは、これをやっていこうと思っていますし、
本人が気に入っているので、来月以降も併用するかもしれません。

○これと迷った白地図
 これと迷ったのが、帝国書院の「小学校総復習社会科白地図」でした。
 これは、サピの副教材の地図帳「アトラス」とほぼ同内容の
小学校総復習 社会科地図帳」に準拠しており、
授業で習ったことや自分で調べたことを書き込む「作業」に、
より向いている教材だと思いました。

 地理好きの本人は、「こっちもやりたい」と言っていましたが、
時間の制約から、社・理にはあまり時間を割けないと、
あきらめることになりました。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ




 週末、久しぶりに、イチローとまともに話す機会があり、
鋭い質問責めに合ってしまいました。。。

 中数の例題なのですが、
 立方体を、2辺の中点と1つの頂点を結ぶ線で切断し展開すると、
正方形となる性質から求積する問題です。

算数の問題

 TVドラマ「受験の神様」でも出てきた有名問題で、
 知っていれば何のことはない問題なのですが、
 質問は、
  「なぜ、この展開図が正方形になると言えるのか?」
でした。

 その場で答えられず、文献にあたりましたが、
「なぜ正方形か」に答える文献は見あたりませんでした。

 「これは、そういうものなんだよ」
と言っても、
 「だって、お父さん、いっつも、公式は丸覚えするのではなく、
  なぜそうなるかという考え方を身につけなさいって言うじゃん…」

と不服顔…

 こういうときだけっ。いまいましいっ。

 仕方なく自力で考え始めましたが、頭が錆び付いていて、ダメですね…
 学生時代に使っていたチャート式基礎解析(!)を引っ張り出し、
20年ぶりに使う三角関数で、四苦八苦の末、
なんとか証明にこぎ着けたものの、
イチローに説明して理解を得られるわけもなく…

 「算数で説明してよ~」
と食い下がるイチローに、最後は、
 「算数での証明方法は、オレにはわからん。
  おまえ、証明できたら、教えてくれ。」
と、逆切れ気味に強制終了

 「昔は、しつこく自己主張しない、いい子だったのにっ。
  でも、こうやってオヤジは権威を失い、息子は自立していくものかも…」
と、苦笑いの週末になりました。。。

 とはいえ、「もやっと」状態です。
 もし、算数での証明がお分かりの方がいらっしゃいましたら、
ぜひぜひ、教えていただけるとありがたいです。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ


 授業の冒頭に行われるデイリーチェック(前週の復習テスト)で、
なかなか満点が取れません。
 授業前に行われる算数の基礎力定着テストも、満点はおろか、
9割もおぼつかない感じです。

 どちらも、授業とテキストの内容がしっかり身に付いていれば、
満点が取れる復習テストなのですが…


 先月の授業点によるクラス落ち以来、限られた時間の中で、
できるだけ集中して復習し、「今日こそは」と臨むようですが、
いつも「あと一歩」です…

 説明しやすい社会を例に取ると、
 ・四日市ぜんそくの原因となった有害物質
   →「亜硫酸ガス」が答えられない。
     …これまで何度もテキストに出てきたのに…
 ・「緯度」と「経度」を答えさせる問題
   →取り違え。
など、ごく基本的なことが答えられていません。

 時間的な制約から、4年のときのように回転数で補えなくなり、
1回の理解の浅さ・定着の甘さが露呈しています。


 ここが一つの正念場なのだと思います。
 ここで、1回・短時間での理解・定着が少しでも身に付けば、
今後の学習がとても効率的になるはず。


 本人も自覚しており、なんとかしようと試行錯誤しているところです。

 親も、 なんとか「東大脳」の安川さんの小学生時代のように…
なんて願いつつ、今は「グッと我慢。」です。

 テキストの読み合わせでもした方がいいのだろうかと、
考えてはみますが、毎週、継続的に付き合える保証もないので、
妻ともども悩みつつ、手出し・口出しを控えています。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

よろしければ クリックを お願いします→人気ブログランキングへ

よろしければ クリックを お願いします→FC2 Blog Rankingへ




 「計算を、少しでも速く・正確にしたい」
 「地道な計算練習以外に、計算の工夫でなんとかならないだろうか…」
 悩んでいたところ、本屋で見つけた「中学入試計算名人免許皆伝」を、
春休みの途中から朝トレメニューに加え、少しずつやっています。
 効果がありそうなので、紹介させていただきます。

○イチローの計算 ちょっと遅くてちょっと不正確
 イチローの場合、4年後半のテコ入れ以降、算数の力も向上し、
サピのテストでも全く歯が立たない問題は減りました。
 それだけに、
・純粋な計算問題でのミス
・円に関する問題の、円周率と分数が絡む計算のミス
などが目立ちます。

 のんびりした性格からか、もともとスピードがやや遅く
スピード不足が焦りを生むのか、正確性まで失われてきています

 計算ミスは、本人が意識しないとなくならないそうです。
 これまでは、「基礎トレ」や塾の「復習」などで地道にコツコツ取り組んできました。

 コツコツが一番大切だとは思うのですが、テストやノートなどを見ると、
計算の仕方にずいぶんムダがありました。(3.14のかけ算の繰り返しなど…)
 都度、修正しながら、どこかで「計算の工夫」を体系的にやりたい、と思っていました。

○どんな本?
 中数の東京出版から、この春出たばかりの本です。
 構成は、
  ・初伝から奥伝まで、3章にわたって解説
    …各章が「小数・分数の術」「分配法則の術」いくつかのテーマに分かれ、
      各テーマ1~数問の例題を題材に解説が進みます。。
      子供が1人で読み進められる読みやすさです。
  ・心得
    …計算名人になる心得です。
  ・乱取稽古 
    …初伝~奥伝で学んだテクニックを、実際の入試問題で実践します。
  ・計算カード
    …2桁×2桁、主な数の約数、最小公倍数、累乗など、
      理屈抜きでパッと頭に浮かぶと心強い計算が、カードになっています。

 「計算の工夫」が体系的にまとめられているうえ、
 1問1問の計算プロセスにメモ書きの仕方が書いてあるのがとてもよく、
イチローにはとても役立っています。
 11~19の数のかけ算(13×19)や平方数の計算法など、
私が読んでも「へ~」と感心した内容もありました。

 対象学年は、個人的な印象としては4年~でしょうか?
 わが家の場合、分数・小数の四則混合を学んだ4年生の時に出会いたかったです。
 上級生でも、ちょっとしたヒントを得るのに有用だと思います。
 低学年でも、公文などで計算が進んでしまっている子なら使える気がしますが、
ルビが少ないので独力で読み進めるのは難しいかもしれません。

○わが家の活用法(現時点)
 購入したのが春休みで、比較的余裕があったので、
 ・まず「心得」を読む
 ・その日のうちに「初伝」(17ページ)を一気に進む(物珍しさで…)
 その後は、
 ・毎朝、1例題ずつ(1~5分)
 例題の解説は、1題あたり、数行から多くて2、3ページですので、
例題毎に細切れに進めています。(現在、奧伝の真ん中あたり)

 この本で学んだことで、5点でも10点でも、失わなくてよい点を守れたらな~
と願っています。切実に…


もしよろしければ クリック お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

もしよろしければ クリック お願いします→人気ブログランキングへ

もしよろしければ クリック お願いします→FC2 Blog Rankingへ



 先週、書きそびれてしまったのですが、イチローの志望校を親子で見てきました。

 みなさんのブログに触発されたこともありますが、
 何かを目指すときは、その「何か」について、できるだけ具体的なイメージを持つ方がよいと考えたからです。

 それに、先日も書きましたが、わが家の場合、志望校の選定はイチロー主導で進んでいます。
 正直、これまで、考えてもみなかった学校を言い出したので、予備知識があまりありません。
 わが子の志望校と定める以上、よく見、よく調べ、よく知ってよく考えようと思いました。

 事前に、文献・資料を調べたり、つてを辿って出身者の話を聞いたりするうち、次第に
 「よい学校なんだな~」
との印象が深まっていきました。

○そして、実際に行ってみると…
 そして、実際に足を運んでみると、意外に閑静な佇まい、意外に広いキャンパスとグラウンド…
 通学の負担も小さく、環境としては申し分ありません。
 そして、それだけではない、この学校が長年培ってきた何かを、肌で感じた気がします。
 百聞は一見に如かず。
 「確かに、よい学校だ」
と実感しました。

 イチロー自身は、
 「ここに行きたい!」
と、強く思い定めたようです。
 野球関係の設備を調べ、すでに入学後の具体的なイメージを描いている様子。
 それだけでも、連れてきた価値が十分にありました。

 唯一、難があるとすれば、(まだ)分不相応ということです。
 高嶺の花は、恋い焦がれるほど苦しいものと、相場が決まっていますし…

 それでも、「でっかい夢」を抱くのは、それはそれでよいこと。
 そこから始めなければ、事は成し遂げられない気もします。
 それに、まだ小5の初め、可能性だけは大きく広がっているはず。
 わが子の可能性を親が信じられなくて、誰が信じる! ですよね。

 ただし、イチローの今の成績はややインフレ気味。
 また、「可能性」は、上にも下にも広がっています。
 足下はしっかり見据えていきたいと思います。

 それに、「よい学校」はたくさんあります。
 特に首都圏の場合は、ほんとうにたくさんの素敵な学校があります。
 親まで思い詰めてしまい、身動きが取れなくなることのないよう心がけねば…
 本当に息子に合った学校を、じっくり探して行こう。
 そう思いました。
 (…ここでそう書いておかないと思い詰めそうなほど、「よい学校」と感じました…)

 これからも、イベントなどの機会を捉え、何度か足を運ぼうと思います。
 思えば、わが家は、これまで、あまり学校見学をしてきませんでした。(これでやっと3校目…)
 今年のうちに、他の学校も幅広く見ていきたいと考えています。


もしよろしければ クリック お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

もしよろしければ クリック お願いします→人気ブログランキングへ

もしよろしければ クリック お願いします→FC2 Blog Rankingへ



 一足早いですが、わが家の春休みは昨日で終了です。
 今日・明日は野球で家庭学習はほとんどなし。明後日からはサピの平常授業が始まります。

 先ほど、イチローの自由研究のプレゼンテーションを兼ねて、小一時間ほど、家族で春休みを振り返ってみました
 以下、わいわいやりながらホワイトボードに書き抜いたものの転記です。
 子供によいイメージを持たせるため、内容はかなりインフレ(!)です。
 なお、「インフレにしてもほどがある」部分には、( )内に私なりの補足をしてみました。

○よかった点
 ・早寝早起きなどの生活リズムが(まあまあ)守れた。
 ・博物館に行く、図書館に通う、自由研究など、自主的な学習をした。
 ・自由研究のレポートが(新小5にしては)よくまとまっていた。
 ・算数で、少し背伸びが必要な問題をじっくり解き、(本人曰く)進化した(と主張しています)。
 ・春期講習の復習を、(多少荒っぽかったけど)その日にやりきった。
 ・野球や外遊びを思いっきりできた。(やりすぎ!)

 …「よかった点」には、あまり受験関係がありませんね。(苦笑)

○もう少しやりたかった点
 ・本をもっと読みたかった。
   (読み切ったのは結局2冊…)
 ・塾の復習をもっと進めたかった。
   (計画のざっと3分の2。でも、頑張ってました。)
 ・小河式プリントをもっと進めたかった。
   (ただいま2章目の途中です。まあ、こんなものではないかと思います。
    これからも継続しつつ、効果がじわじわ出てくれることを期待します。)
 ・プラスワン問題集をもっと進めたかった。
   (これは、私としてはよくやったと感心してます。第2章を終えました。)

 全体としては、少しのびのびやり過ぎた感もありますが、
 「新学期への英気を養った」
ことにしたいと思います♪

 明日は、春期講習前の週の復習を少しやり、明後日からは通常のペースに戻ります。



もしよろしければ クリック お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

もしよろしければ クリック お願いします→人気ブログランキングへ

もしよろしければ クリック お願いします→FC2 Blog Rankingへ



 わが家では、2月(3月号)から 中学への算数 を購入し始めています。

 動機は… 「こわいもの見たさ・見せたさ」が大部分です。。。
 中数は、見ていて非常によい教材だと感じる一方、「ハマると危険」という声も耳にしますので、「まずは様子見」という感じでした。

 それから、強いてまともな動機があるとすれば、3月号から今年の入試の特集が始まったためです。
 中数の解答・解説はとても合理的なことが多く、将来の過去問演習のための解答・解説をストックしておこうと考えました。
 イチローの志望校選びの材料になるかな、という思いもありました。


○当初の使用法
 当初は、リビングに転がしておき、週末の親子の雑談で、あの宮本哲也先生のパズルコーナーを解く競争をしたり、レベルアップ演習という最も基本的な演習からサピのテキストの類題を解く程度でした。
 パズルコーナーはお楽しみ+思考力UP、類題はサピで学ぶ以外にも解法や発想の引き出しを増やすことが目的です。

 余談ですが、パズルコーナーで負けたときは、かなり悔しかったです!
 そして、イチローの勝ち誇った顔のムカつくこと…
 スミマセン、脱線しました。。。


○最近の使用法
 イチローは、このパスルコーナーから、中数に親しみが湧いたらしく、だんだん、ヒマなときに興味がある問題を解き始めるようになりました。

 先日、イチローが志望校を口にしたとき、私たちになんとなく予感があったのは、中数にその学校の過去問を解いた形跡があったためでした。
 黄色いあんよが見えている、まだまだお子ちゃまです。。。

 折しも春休み、ヒマと余裕ができたため、「レベルアップ演習」を解き散らかし、最近は、標準的な入試問題を扱う日々の演習のおもしろさ☆4つ~5つの問題に手を出し始めました。

 私の方も、ある先輩に、今の時期から徐々に過去問演習することを奨められ、過去問からも類題を引っ張り出すようにしています。
 例えば、春期講習の初日に、「三角形が回転しながら移動する問題」を習ってきたのですが、今年の甲陽学院の入試に「三角形が『回転せずに』移動する問題」があったので、先週末はその問題を、ホワイトボードを使ってわいわいやりました。

 ちなみに、甲陽学院は関西では灘に次ぐ名門ですが、今年の入試の算数の過半は5年生までの知識で解ける、思考力を問う問題だったとか。
 5年のカリキュラムの重要性を改めて認識しました。

 まだ、イチローのレベルでは、こうした入試問題にはかなり手こずるようです。
 自分で設定した制限時間を大幅に超過して格闘したあげく、「(1)はできたけど、(2)はだめだ~」などと言いながら、解答・解説を読んで解き直し、1問あたり10分ペースという感じです。

 それでも、「結構いい取り組みかなぁ~」などと思いつつ眺めています。
 普段の学習は、どうしても「速く正確に」を目指す「処理」が中心となってしまいます。
 「速く正確に」はとても重要なことですが、それだけでは、きっと中学の側から「要らない」と言われてしまうんでしょう。
 サピのテキストにも、毎回、思考力問題がありますが、未知の問題をじっくり腰を据えて考える機会はとても貴重だと思う次第です。

○ハマると危険?
 「ハマると危険」とは聞きますが、最近、どこまでやると「ハマっていて危険」で、イチローを止めなければならないんだろう? と、ふと疑問に思うことがあります。

 そういえば、特に今年に入って、サピの先生から、「全科目のバランスが大切。算数だけに力を入れることのないように」と注意喚起されます。
 合格者平均点と受験者平均点を見ると、特に男子の場合、相変わらず算数で勝負が決まるケースが多く感じられますが、、、

 きっと、「ハマると危険」というのは、サピの復習や他科目の学習が疎かにならないように、ということなのでしょうか…?


○今後の算数の家庭学習(当面)
 わが家の算数・家庭学習は、以前書いたものに中数を加え、
 ①サピの復習
 ②プラスワン問題集 …1日10分まで。
 ③中学への算数 …さらに余裕があるときに。
の順で、②③はあえてスケジュール管理などせず放置しようと考えています。
 管理してしまうと、楽しみが半減するみたいですし、スケジュールに「あそび」がなくなり、いざというんときに苦しいので。


○それにしても…
 学力コンテストの上位者に4年生(新小5)の子がちらほらいます。
 どうすりゃ、こんな子が育つんだろ…
 ただ、ただ、驚嘆するばかりです。。。



もしよろしければ クリック お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

もしよろしければ クリック お願いします→人気ブログランキングへ

もしよろしければ クリック お願いします→FC2 Blog Rankingへ



 今日は、春期講習3日目、全5日間の折り返しでした。
 科目別には、以下のように進んでいます。

<算数>
  1日目 平面図形 
  2日目 数に関する問題 …少数・分数など
  3日目(明後日) 立体図形

 1・2日目とも、2~3月の平常授業の復習が中心でした。
 そのためか、今のところ、その日のうちになんとか復習を終えています。
 3日目の立体図形も、4年秋に習い、秘伝の算数でもやりこんだ分野ですので、なんとか乗り切れそうです。

<国語>
  1日目 物語文
  2日目 説明文
  3日目(明後日) 随筆

 長文読解のみで、文章・設問とも平常授業と比べやや平易でしょうか。
 こちらも、先生から指示された問題のみですが、その日のうちに復習を終えています。
 2~3月の授業の、4年と比べぐっと難しくなった物語文に手こずっていたイチローにとっては、ちょっと一服という感じです。

<理科>
  1日目 生物のつながり(メダカ、食物連鎖)
  2日目(明日) 熱

 こちらも、ほとんど4年生の復習です。
 ただし、個別に学んだ事項を、より高いの視点から俯瞰しつつ学びます。
 興味のある分野らしく、理科便覧応用自在を見ながら、楽しくやっているようです。
 

<社会>
  1日目 日本の公害と環境問題 …公害、エネルギー、環境
  2日目(明日) 世界の環境問題

 こちらも、「素敵な宇宙船地球号」などでおなじみのテーマなので、楽しんでいるようです。
 この春期講習で、農業・工業などのテーマ別の講義がひととおり終了し、地理の一周目が終わります。
 4月の平常授業から夏休み前まで、地域別の2周目に入ります。

 全体に復習中心のうえ、学校がないこともあり、新学年開始以来はじめて余裕ができた感じです。
 ひと息ついてみて、この2ヶ月、イチローはとても緊張して過ごしてきたのだなぁと実感しています。

 人間ですから、たまには抜きどころも必要です。
 実は、先日、理・社の自主学習をさぼっていることに気付いちゃいました…
 でも、大事なことはちゃんとやっているので、
 「ま、いいか」
と、妻ともども、見て見ぬ振りをしています。


もしよろしければ クリック お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

もしよろしければ クリック お願いします→人気ブログランキングへ

もしよろしければ クリック お願いします→FC2 Blog Rankingへ


Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。