上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 年の瀬だからというわけでもないのですが、
仕事の方がなかなか忙しくなってきており、
今週末は、とうとう休みが取れませんでした。
 なんとなく春先あたりまでは、こんな感じが
続きそうな予感も・・・

 先ほど帰宅し、家族で夕食を囲みながら
この1週間のみんなの様子を聞きました。
 子供たちからも妻からも、家庭でのできごとや、
学校の話や野球の話など、
様々な話を聞くことができました。

 中学受験に関しては、妻とイチローの間で
こんなやりとりが。
 「この子、また中数に手を出してるのよ」
 「違うよ、たまたまデイリーサピックスで
  日々演と同じ問題があったからさ~」

 聞けば、先週ではないようですが、テキストに
出てきた規則性の問題で、たまたま同じ問題を
日々演でも見かけていたので、解法を比較して
いたのだとか。

 「まあ、そういう使い方なら悪くないんじゃん?」
と私がとりなそうとすると、妻から、
 「そのあと(中数)ワールドにどっぷりだったじゃん」
と指摘。イチローは
 「・・・」
と降参。

 恩師のくれた、
 「とにかく基礎、基礎、基礎」
を合言葉に、せっかくここまで持ち直してきたので、
妻は、また応用・難問にうつつを抜かして
基礎を疎かにする愚をおかし
「いつか来た道」を繰り返さないか心配しているのです。

 「節度を持ってね」
ということで、その場はおさまりましたが・・・

 判断が難しいですね。
 妻と私が惚れた学校の入試を考えれば、
 「とにかく基礎、基礎、基礎」
なんです。
 でも、算数・数学の力って、本当は「ワールド」の
方がつきそうな気もします。
 彼の志望校のことを考えると、基礎演習は
 「とにかく基礎、基礎」
ぐらいに止め、あとは好きに「ワールド」に
行ってくれてよい気もするのですが・・・

 ところで、今日の晩餐での、イチローの話題の中心は、
野球のストーブリーグの話。
 FAだの、移籍だの、残留だのという話を事細かに
教えてくれました。
 あんたほんとに、野球が好きだねぇ・・・

 妻は、
 「新聞を読むようになったと思ったら、
  スポーツ欄ばかり」
とこぼしてました。

 とにもかくにも、ふと我に返る、この団欒のひととき、
短いけれど有難い、私の大切な「週末」です。

 (あ゛~、ノートを見ていない・・・
  サボると(妻から)怒られるかな!?)


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)
スポンサーサイト
 先ほどようやく食器の片づけを終わり、
贖罪の家事デーが終わりました。

 ところで今日は、組み分けテストでした。
 外部の方の入室テストと冬期講習のクラス決定を
兼ねた、出題範囲の設定のない実力テストで、
クラス昇降の上下限がなく、
どこまでも落ちる可能性のあるテストです

 もっともイチローは、マンスリーより
組み分けの方が、なぜか相性が良く、
久々の模試に嬉々として出かけました。

 今日は、午後受験だったため、
問題と解答・解説を持ち帰ることができ、
さっそく自己採点&解き直しをしていました。
 自己採点は8割弱だそうです。

 なんだか、いつもそう言っている気がするし、
最近は、自己採点が当たらないので、
真に受けないよう、答案返却を待ちます。
(そもそも、自己採点を当たる・当たらないで
 表現するのは、いい加減、卒業させてほしい・・・)

 今回は、国・理・社がいずれも7割強で、
算数は結構稼いだみたいです。
 問題の難易がわからないので、相対的にどうかは
わかりませんが・・・
 算数の基本的なミスが減り、どうにかこうにか
スランプを抜け出せた感がありますが、
果たして結果はどうでしょうか。

 ところで、今日の夕飯は「素材の味で勝負」の鍋料理。
 子供たちの評判はすこぶる上々♪
 妻の評価は・・・上げ膳据え膳で高得点ゲットも、
食費が嵩む&手抜きでちょっとマイナス、みたいです。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)
 この2日間、秋晴れのよいお天気で、気温も暖かく、
スポーツに、行楽に、最高の日和でしたね。
 みなさん、お出かけされましたか?

 私は、職場の付き合いで仕方なく! またも、芝刈りでした。
 しかも温泉へ泊りがけ。

 ところで最近、同僚から「丸くなった」と言われます。
 この夏からの部署は、私のホームグラウンドのような所。
 上も下も、昔からお互いをよく知った人が多いのですが、
昨夜も風呂で、
 「(待機ポストで別の部署にいた)この1年、何かあったの?」
 「たいして苦労した様子でもなかったけれど(笑)」
とからかわれてきました。
 以前から比較的温和なほうだったとは思うのですが、
さらに、ということらしいのです。

 原因は、
 なんとなく気恥ずかしくて、仲間には言えませんが
イチローの中学受験に付き合ったからだと思います。

 この1年、「待つ」ことができるようになったのだと
思います。
 部下たちの試行錯誤を、そして周囲の理解や消化を、
あわてず騒がずじっと「待つ」。
 口で言うのは簡単ですが、実際には、なかなか難しい。
 裏目に出ることもありますし、
時には「我慢しきれずつい」なんてことも。
 それでも確かに、「気長に待つ」ことが、
以前よりはできるようになったのだと思います。

 中学受験の、思わぬ効用です。

 ところで、よりによって「いい夫婦」の日に、
一人で勝手に行楽に出かけ存分に楽しんだ私。

 紅葉が綺麗で(このページのように)、お料理も美味しく、
ついでにスコアもベスト更新。
 もう、何もかも最高だったこと、家族には話せないので、
ここで書かせてください。

 「気長に待って」くれた妻への、せめてもの贖罪で、
明日は自宅謹慎。家事一切引き受ける予定です。
(それで許して・・・)


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)
 スランプに陥っていた算数ですが、
 「復活したかも」
などと言ってます。

 ほんまかいな!?

 単なる気のせいかもしれないので、
 「ふ~ん、よかったじゃん(笑)」
程度で、軽く受け流してはいますが・・・

 でも、確かに、その兆しがないわけでもありません。
 毎週の算数の授業毎に行われる「デイリーチェック」
(前週の復習テスト)は満点が続いています。
 週3回のサピの授業前に行われる「基礎力定着テスト」も、
裏面右の思考力問題を時々間違う程度。

 何より家庭学習用ノートに妥協がなくなった気がします。
 間違いに容赦なく大きく×をして、納得いくまで直しを
しているのが伝わってきます。
 当たり前のことですが、それができていなかった。

 今の算数は、一時の国語に雰囲気が似ている気がします。
 「復活」というより、「新たな成長」を模索しているような。
 気のせいでないことを、祈ります。

 「当たり前のことを、当たり前にやる。」
 それで成績が上がれば世話がないけれど、
結局それにつきる気もするんです。

 わが子に口で要求するのはた易いこと。
 でも、例えば仕事の傍ら、家庭での役割もしっかり果たす。
「当たり前」のことですが、実践するのはなかなか難しい。
 仕事ですら、「当たり前」を完璧にできているかと言うと・・・
 偉そうなこと、言えないな・・・(苦笑)

 ところで、イチローが「復活」と言うその根拠は、何でも、
今のクラスには彼同様、大量にクラス落ち組がいて、
その中の相対的な位置が上がっているのだとか。

 う~ん、バロメーターとしては微妙かも・・・

 でも、「次のテストでのリベンジを誓い合っている」と聞き、
なんだかかわいらしく、微笑ましく感じました。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)
 昨夜、そして今夜と、久しぶりに家族みんながそろって
夕飯を囲みました。

 子供たちの学校行事の話や、私の出張先の土産話など、
話は尽きなくて。
 そんな中で、イチローの塾の話も。

 先週から、サピのクラスが替わったのだそうです。
 以前ご報告したとおり、今回はクラス落ち。

 サピの5年生は、2クラス単位で1ブロックと呼ばれ、
ブロック単位で1日の授業を2人の先生が交代で担当するそうです。
 例えば、α1とα2で1ブロックで、算数の曜日の場合、
算数Aの先生と算数Bの先生が交互に授業を行います。
 なので、クラスが変わっても、同ブロック内であれば、
先生が変わることはないそうです。

 今回はいわゆるブロック落ちだったため、
以前、イチローのことをずっと見てくださっていた恩師と、
久しぶりの再会となりました。
 以前、こちらでも書いたのですが、前回ブロック落ちしたときに、
 「二度とここに戻って来るな」
とハッパをかけていただき、送り出していただいていました。

 「○○先生に怒られた?」
と聞いたら、
 「さっそく呼び出し。
  『○○君はできるんだから、頑張れ!』と励まされた。」 
のだそうです。(怒られたのではなく)

 いずれ相談してみようと思っていた、不調の算数の勉強法や、
他の科目の勉強法まで、さっそくご指導をいただいたようです。
 これまでのクラスの先生とも連携されているようで、
自信喪失気味だったことも伝わっていたようですし、
科目別のアドバイスも、とても的確に感じました。

 何より本人のモチベーションがとても高まっていて、
 「やはり先生の言葉は魔法の言葉だ」
と、改めて感じました。

 ところで、昨夜、久しぶりのわが家での晩餐は「なべ」でした。
 日本の秋の味覚をたっぷり味わって、心も体もほっくほく。
 やはりわが家は、いいものですね。



よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

 やや長期の出張などもあり、久々の休暇です♪
 いろいろやりたいこと・やらなければならないことが
溜まっていますが、今日はのんびりしようかな。

 イチローは、先々週、学校行事やその準備で、
サピを休んだり、遅刻したりということが、
何度か続いたそうですが、行事も無事終わり、
今週はようやく落ち着いたそうです。

 休んだ授業も、たまたま算数など自学しやすい科目
だったので、「秘伝の算数」などで適宜補いながら、
なんとか乗り切ったそうです。

 妻に促され、先ほどテキストやノートを見せてもらいましたが、
それなりにしっかりやっていたし、
デイリーチェック(前週の復習テスト)もよくできていたので、
さほど心配しなくてもよさそうです。

 ところで、今週は、第2回志望校診断予備テストの結果が
返却されました。
 Aタイプ(客観問題)とBタイプ(思考・記述問題)の
問題種別毎に適性見て、志望校診断を行うというテストです。
 前回はボロボロでしたが、今回はかなり良く、
合格可能性も、彼の志望校も含め、軒並み高い数値が出ていました。
 科目別にも算>国>社>理と、算数が久々にかなり良い成績でした。

 「なんだか、打率2割のホームランバッターみたいだね」
と言ったら、妻が、
 「縁起でもないこと、言わないで」
怒っていましたが・・・

 それはさておき、
 この時期の合格可能性は、あまり意味はないと思いますが、
2回のテストでよくわかったのは、イチローは意外にBタイプ
だということ。
 小5特有の中だるみもあって、詰めの甘い勉強を繰り返した結果、
基本的な知識や処理に穴があるのだと思います。
 一方で、国語力の向上とともに、苦手だった記述が得意になって
いったのだと思います。

 今後の勉強の示唆になるとともに、
「志望校診断」とはよく言ったもので、
志望校や併願プランについて考え直す必要も、あるのかもしれません。

 それから、イチローにとって、今回のテストは
 「頑張れば、僕は○○中に行ける! 行く!」
と、自信回復・勇気百倍だったようです。

 一喜一憂しても仕方がないけれど、
がむしゃらに打った1本のヒットがスランプ脱出のきっかけに
なることもある。
 このテストが、算数復調のきっかけになると、いいね。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)

Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。