上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 たいへんご無沙汰してしまい、申し訳ありませんでした。

 年明け早々から、本当に忙しくなってしまい、息子の受験
どころではなくなってしまいました。
 わが子の中学受験への参画による家庭と仕事の両立、
みたいなものが、このブログの1つのテーマだったような気が、
(今やおぼろげに)しますが、妻には悪いけれど、
やはり中受なんぞより仕事の方が面白い・・・
 そんなこと、ここでしか言えませんが。

 今、私はキャリアの中で、おそらく一つのヤマ場を迎えつつあり、
妻もそのことを感じてくれているのでしょう。
 イチローの勉強を全く見なくなったことについて、
何も言わないようにしてくれていました。

 ただ、2月に入ってカリキュラムがかわり、
サピの先生から「早くペースを掴んでほしい」と言われたのだ
そうです。
 2週間ほど前に、妻から遠慮がちにそう言われ、
「可能な範囲で、ペースを掴むまでちょっと見てほしい」
というメッセージだと感じ、
幸い仕事もほんの少しですが余裕が出てきたので、
この2週間、少なくとも週末のうち1日は家にいて、
状況を把握するように努めました。

 イチローの新6年のスタートは、ありがたいことに、
希望通りのクラスでの船出となりました。
 家庭学習は、この2週間ほど彼なりに試行錯誤をした結果、
今は「一応」以下のように進めているのだそうです。

月:前週の火曜授業の確認
  中数
  理科新分野別問題集
  (歴史)・・・漫画を読むだけ
火:授業
水:火曜授業の復習
  前週の木曜授業の確認
木:授業
金:木曜授業の復習
土:火・木授業の復習の残り
  前週土特の確認(理・社)
  土特
  土特の復習
日:土特の復習残り
  自由時間

 実際には、得意不得意や学校の宿題等に応じて、
割と柔軟にやっているようです。

 5年までは、基本的に、与えられた問題の
ほとんどを一通り解いていたように思いますが、
6年になってからは、プリントの量もおびただしく、
さすがに無理みたいです。
 先生からの指示通り、授業で間違った問題や
宿題として課された問題のみを解いています。
 そのためか、家庭学習の量はむしろ減ったかもしれません。
今のところ、さほど無理なく1週間を過ごせているようです。
 家庭学習量の減少?はやや気になりますが、
その分、授業中に半端ではない問題量を解いてきており、
トータルとしてはこんなものなのかな、という印象です。

 今日は、土曜ということもあって、
彼の志望校に合格した先輩が激励に来てくれたのだとか。
 もの静かな彼が、珍しくテンション高めで帰ってきました。
 この激励は、親がかけるどんな言葉よりもよほど効き目が
あるようで、モチベーションが上がるとともに、
少しずつ受験生としての自覚も芽生えてきている様子。

 わざわざ来てくれた先輩と、送り出してくださった親御さんに
この場を借りて深く感謝申し上げます。


よろしければ クリックを お願いします→にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
(役立つ&元気づけられる情報満載です)
スポンサーサイト
Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。