上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いよいよSS特訓がスタートしました。
 イチローの感想は、
 「楽しかった♪」

 昼食時に、母の愛情のこもった手作りのお弁当を
ほおばりながら、同じ志望校を目指す愉快な仲間たちと
お喋りしたり、そうかと思えば、問題を解くときは
みな一転、真剣な眼差しで問題と格闘したり。
 そんなメリハリが、とてもよいのだとか。

 気の合う友達もいるらしく、
ライバルというよりは同士。
 切磋琢磨しながら、皆で合格を勝ち取ろうという
連帯感があるのだそうです。

 中学・高校、そして大学、もしかしたらずっと先まで、
一生の友達と出会っているのかもしれないね。
 そんな話をしました。

 SS特訓は、2月まで全14日間。
 志望校別講座(4科目)と単科講座2科目
(4科目6講座から選択)で、9時から19時近くまでの
長丁場です。
 ただ、GW中のGS特訓、そして夏休み中の
夏期志望校別特訓と、長時間の講習にはすでに
慣れており、実際、心配は全く不要だったようです。

 ただし、復習の密度は相当高くする必要がありそう
です。
 サピの保護者会でも、科目にもよりますが、
  SS(志望校>単科)=過去問>>平常>>土特
と言われたそうです。

 昨夜、妻と少し話をして、SSの志望校別の国語は
私が見ることになりました。
 もちろんイチローが自力で解き直し、解答・解説を
読み込んで自己採点・再解き直しをするのですが、
そのチェックをすることで怪しい日本語を立て直そう
ということに。

 19時頃帰宅し、夕食と「天と地と」(大河ドラマ)
の視聴を挟んで1時間あまり、国語の志望校プリント
を材料に、イチローの勉強に付き合いました。

 こんなに彼の勉強に寄り添ったのは、5年生以来
でしょうか。
 もはや記憶も曖昧ですが、彼なりに成長しては
いると思います。
 ただ教材が、志望校の過去問か、それに類似する
他校の過去問なのでしょうが、
いずれにせよこれまでのものと比べ格段に難しく、
彼の実力ではまだまだ不足という感じです。

 今日の授業では、クラスの中位だったようですが、
最上位とはかなり差があったそうです。
 その最上位の子ですら合格点に届いているかどうか。
 いずれにしても、これからの積み上げ勝負なのだと
思います。

 国語の読解・記述は、勉強の効果があらわれるのが
最も遅い分野だと思います。
 合格にどれほど役立つかはわかりませんが、
一つの文章を、答案作成を通じて何度も読み返し、
理解を深め咀嚼して、実際に答案を書き、
第三者の目で添削してもらいながら推敲を重ねることは、
少なくとも長い人生においては、それなりに意義のある
ことではないかと思います。
 今の時期にやるべきことかな、という気もしますが、
時間的なメリハリはつけつつ、できる限りのことをしようと
考えています。

  がんばれ受験生!
  たくさんの受験生・ご家族の”闘い”が綴られ、
↓ とても励みに&参考になります。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
  イチローの奮闘ぶりも、ぜひ応援してください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rakuraku2010.blog52.fc2.com/tb.php/139-22aea41a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。